2019年06月17日

荷待ち時間・荷役(積み降し作業)時間の記録義務付け

運転日報への「荷待ち時間・荷役時間」の記録が義務付けされます。
IMG-1297.JPG
物流業界の長時間労働。この国交省の資料では
IMG-1295.JPG
荷待ち時間と荷役時間で4時間半(-_-;)。
コレが削減されると、たいした労働時間にはならないんですよネ。
これからは、
「荷待ち時間」と「荷役時間」を運転日報に記録し、
その記録用紙に出荷先(荷降し先)のお客様からサインをいただき、
IMG-1296.JPG
そして1年間の保存を義務化。
義務にしたってことは…、
国はこの資料を利用しようとしてるんでしょうネ。
「荷待ち時間」や「荷役時間」が長いままの荷主様は、早めの改善が賢明でしょう。
コレで少しでも「荷待ち時間」や「荷役時間」が短くなることを、
期待するばかりです。

浜庄運輸のHP;https://www.hamasho-unyu.co.jp/
posted by 浜庄運輸 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内のできごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186138876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック