2012年03月05日

取引先企業の社長の引越手伝い

昨日日曜日は前日慰労会を行なった社長の、社宅から会社までの引越をお手伝いをしました。
朝10時にトラックをつけたときには既に社員様が数十人もいらっしゃり、男性社員の方はトラックへの搬出作業、女性社員の方は荷物搬出後の部屋の拭き掃除など、しっかり手分けして作業されていました。私はトラックの荷台上で余計な資材を片付けるだけで、あまりお役に立てなかった感じです。
荷降しも当然順調で速攻終了。社長は実家の小田原にゴルフバッグ以外は持っていかないとのことで、液晶テレビをはじめ全てのものを社員さん達に提供していました。そこに集まっていた社員さん達は、想い出を手元に残しておきたいとの思いなのか、何かひとつずつ手に取っていたと思います。私も小さなキャビネットをいただき、会議室の電話置きにさせてもらいました。

「休みなのに悪いなぁ」との優しい言葉。「他の人達は昨日で最後。私は他の人達よりも1日長く社長と一緒に時間を過ごす事ができる、こんな徳役を誰にも頼みたくありません」と返答。これが社長と私の最後の会話でした。

社長、小田原へ帰郷しても健康で元気でいて下さい。そして、北陸の浜庄運輸を忘れないで下さい。
本当に今までご愛顧いただき、ありがとうございます!!
posted by 浜庄運輸 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内のできごと